×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

第61話 スリッパ おかピー

こないだ遠征に行ってきたんですよ。部活で。
それで普通のホテルに泊まることになりました。
別に「出る」「見た」話は聞いたことが無いところでした。
青森県某水族館近くの某ホテル(笑)でした。
といっても水族館なんて青森県に一つしかないですけどw

大会も終わり皆でホテルに戻ったときのこと…
エレベーターから下りて部屋に戻る途中でした。
―?
―足?
―しかもスリッパ履いてるよ!!
まぁ誰かの足の見間違いだと思いつつそそくさと逃げると
「あれ?だれか今スリッパ落とさなかった?」
「なにいってんだよ?まだテニスシューズじゃん」
「おっかしーな…さっきまでそこに…あれ?ない」

やっぱ見間違いじゃなかったようです(T_T)
最近否定しようとすると周りに肯定されてしまう…

もう一つ遠征先であったんであとで書かせてもらいます。

第62話 変な夢1 おかピー
遠征先でもう一つ…
実はこないだから風邪でダウンしてまして遠征初日も熱出して家にいました。
どうにかして次の日に合流したかったので薬を飲んでさっさと寝ました。
その中で変な夢を見ました。

皆で何処かに旅行に行ってるんですよ。
部活のメンバーで。
イロイロな所を観光してホテルのラウンジで豪華にアイスコーヒーを(笑)
冷コーって時点で豪華じゃないか?まぁ私にとっては豪華w
先生と話していると先生になんか「変なの」が憑いてました。
女の人が憑いてて
「先生!なんか憑いてますよ!」
(こんな事言ってる時点でおかしいですw)
なんだか先生の背中からヒューヒュー音が鳴っていました。
あのヒューヒュー音の鳴る飴とか風船みたいな音でした。
どうにかしよう、と思うと目が覚めていました。
ちょうど3時ちょいすぎ。
冷コー飲んだんで満足w

第63話 変な夢2 おかピー
結局次の日には合流できてスリッパ足を見て夕食を食べ終えました。
そこで遠征費を出していなかったので先生のとこに行き
「先生、お金持ってきたよ」
「おお、ちょっと待ってて」
―そうだ!先生に変な夢の話ししてみよう!
「先生、昨日さぁ」
「OO?(私の名前)」
「なに?(溜め口w)」
「俺昨日見たんだよ」
「何を?」
「だから…あれだよ」
「何?」
「…幽霊ってやつ」

まさか先生からそんなこと聞くとは思いもしませんでした。
「なにみたの?」
「昨日さぁ、テレビつけてたんだよ。
 気づいたらつけっぱなしで寝ててさ
 砂嵐になってて消そうと思って
 電源消したら一瞬女の顔が映ったんだよね。
 もっかいつけてもっかい消したらうつんなくてさ
 ほら?残像とかあるだろ?
 けど砂嵐だからそんなもん映るはず無いだろ?」
「何時ごろ?3時くらいだったかな?」
「どっかいたくない?」
「背中」

夢と関係あるかは別としてこーゆーこともあるもんなんだな、と。
先生まで見えちゃったとはうちの部活もかなりのもんだねw
第64話 金縛り ブラック・ハーツ☆ミ
昨日金縛りに会いました。
その時耳鳴りがして目開けたら黒い物体が浮いてたんですけど・…
今日も怖くてねれ ません

第65話 学校の浮遊霊1 茄呑
私が、学校の図工で、少し残って居ました。
やっと、終わり皆が帰っていた時に
私と、遊ぶ約束をしていた剣(←PN)が、
わざわざ4階の図工室まで来てくれて、
話をしながら階段を下りていました。
私「あのさぁー、前にお姉ちゃんから聞いたんだけど
この階段を、放課後に数えながら上ってから
また数えながら下に下りるんだってそうすると・・・、
1段減っててそれをやった人は死ぬらしいよ?」
剣「ふーん、初めて知ったよ。
でも、普通そんなことやらないよね?」
私「そりゃぁ、やらないよ。(笑」
と、言うような話をしていました。
そして、数日経ってその次の図工の授業の時に思い出して、
他の友達ともその話をして、盛り上がってました。
そして、Oさん「あ、Iちゃんもぅ塾に行かなきゃ!」
Iちゃん「うん。じゃぁ、私達(OさんとIちゃん)帰るね。」
と言って帰っていきました。
そのとき、私「ん?今何か見えなかった?」
剣「え?何?!」
私「・・・。だってほら・・・」
剣「ぁ、今そこから子供がのぞいてなかった?」
私「居た・・・よね?」
剣「帰ろう・・・」
私「うん・・・」
と、とても気まずくなりましたが
すぐにあの話は忘れて居ました。
でも、図書室に用事があってあの階段を上って
居た時後ろの方から、
「ねぇ、図書室ってどっち・・・?」
とかすれた声が聞こえて来て、
私「図書室?・・・、この階段を上って行けばすぐに分かるよ」
と言いました。
前から結構人見知りが多いし、
耳も良いので後ろを向かずそのまま行きました。
そのことを、あんまり気にしなかったけど
友達に言うと「それって、幽霊じゃない?」
と言われました。
次の日の放課後に剣と一緒にまたその場所に行き、
お経を唱えて帰りました。

それ以来、その霊などは見て居ません。

第66話 学校の浮遊霊2 茄呑
なんか、すごく長くなってしまってすいません・・。
明日図工の授業が有るんです!
またあの階段を通ります。
今度出たらどうしたら良いでしょう?
他にも、そこで同じようなことがあり
振り向いたら女の子の霊がフワフワ浮いていたとか・・・・。
そんな、噂がありましたがその子は次の日休んだそうです。
もしあのとき私も振り向いていたら・・・、
ホントに振り向かなくて良かったです。
是非、なんか先生達に気付かれないような、
対処法が有ればレス下さい。

第67話 霊の仕業か判りませんが。 日和
前回無記名で投稿してしまいました(汗)日和といいます。
最近ふと気になることを思い出したので描いてゆきます。

結構前だったと思います。夜部屋に一人でいると、
デッキの電源が突然つきました。
「なんだろう・・」と思いつつその時は怖くて電源を消しましたが、
それから度々勝手に電源がつきました。最近はもうないです。
家族の中でこの体験は私だけでした。

それからもう一つ、小さい頃なのですが
私は石の階段からおちて頭にヒビが入ったことがあります。
親などはそれに気付かずイタイの飛んでけ〜して3日間は気付かなかったそうですが(酷)
それから私はおかしかったそうです。
何も食べようとせず放心したようにボ〜っとしてたかと思うと
いきなりどこかを指差してなきだしたりなど。
その間私の頭はヒビ入っててブヨブヨでした(苦笑
頭を直してからはそんな事なかったらしいです。
続けて2個もかいてすいません。しかし気になったので・・。



第68話 くるど おかピー
ちょっとスリッパの話しの補足。
「あれ?だれか今スリッパ落とさなかった?」
と発言した子は今までこーゆー世界と関わらないで普通の人でした。
ふざけたつもりでやったんですがちょっとばかし心当たりが…
「くるどのてがみ」
私がいつも落書きしている生物で細かい設定がうじゃうじゃありますw
そのなかの一匹に「くるど」と言う最近うまれた(ことになっている)精霊がいました。
設定としては…
・最近生まれた。
・ヨーグルトとカステラが好き。
・成獣になっていない。
※人間には見えないので波長を合わせます。
 むこうの世界の物が見えても気にしないで下さい。

こんな感じの設定とくるどの似顔絵を書いて夏休み前にその子に渡していました。
「預かってください」と書いて。

夏休み終わって出てきて1発目のその子は
「おれ家で見たんだけど!!」

いま他の子で実験中ですw
第69話 虫の知らせ? 飯澤恵美
飯澤恵美と申します。宜しくね。
実は、1っの怖い体験です。
母方の祖母の話です。祖母が死ぬ2日3日前の話ですが。
虫の知らせって言いますか、初めて体験しました。
家の近所で火事が合ったのです。
私が実習中たったのてすが終わって帰り道の出来事です。
火がおさまって来た所で急いで家に帰ってから
祖母が入院している病院へ危篤だって言う事で父と母と私で病院へ行った祖母が痛々しかった。
私が変わりになれば良かったとその時思ったのです。
祖母の顔を見てから家に帰ったのです。
それから2日後に祖母が亡くなったのです。
お通夜等が終わった後に夢に出てきてこう言いました。
今まで有難うって言ってその後に祖母の顔が怒っている顔だったのです。
私は、怖がったです。
これが私の体験です。
第70話 耳鳴り 戒斗
お久しぶりです、戒斗です
昨日のことなんですが、後輩と家に帰宅中、先輩から聞いたこんな話を後輩にしました
「うちの中学校の2、3年前の事らしいけど、
卒業式の練習を体育館でしていたらスピーカーから
「たすけて」
という声が入ったらしい、
でもそのとき放送機材のスイッチは全て切れていたとか…
なんでも隣の病院の電波がはいっいたとからしいけど、実際はわかってないらしい」
その話をした夜のことでした、
寝ようとすると凄い耳鳴りがしてなかなか眠れませんでした、
なにか関係があるんでしょうか?