×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

第11話 テレビの恐怖 鮫 
かなり前の事ですけど、琵琶湖の方に旅行に行った時の事です
琵琶湖の近くの旅館っぽい所に泊まった時の事なんですが
泊まった部屋は、なんとなく嫌な不気味な感じがしたように憶えています
薄暗くて、重い雰囲気の部屋でした、朝でも、それだけ不気味だったのに
夜寝るときなんて、それが倍くらいに感じられました、夜は静かでした
琵琶湖が近くにあるので水の音は多少聞こえますが・・・
それでもピィー・・・・と言う張り詰めたような音が聞こえていました(確か。。
そのせいでなかなか眠れずにいました、
しょがないので起きてテレビを見ようと 思ったんです、
それで、リモコンを取ってテレビの方を向いたら
なんと顔が 映っているではないですか、女の人の異様に大きい顔がブラウン管に映っていました
静けさもあって余計に不気味で見た瞬間は心臓が、ちょっと止まりそうになりました
すぐ電気をつけてテレビのスイッチをオンにしました、
その時にはもう、テレビからは 消えてました、
そのまま朝まで布団をかぶって警戒態勢でいましたが、朝になって
とっとと家に帰りました、
琵琶湖は良い所でしたよ、ど田舎でした、
でも あの体験は結構トラウマになってます、
家のテレビにも何度か同じ顔が映ってましたからね、
テレビ見ていて、画面が暗くなって鏡みたいに映る状態になると、ん・・
また映ってるかな・・・と思って見ると映ってるんです、結構怖かったですよ
今はもう全然、映っているのを見たこともないですが、
多分あの時は、幽霊に憑かれてたんですかね、
そういうこともあって、スイッチの入っていないテレビは結構嫌いです
見てない時は布で隠しています、
よく変に思われますが、毎回ビックリするより 変に思われる方がましですからね、
私だけかもしれませんが・・・
第12話 坂道 あや
こんにちわ。去年の話なんですが聞いてください。

文化祭の打ち上げで家から少し遠いところにクラスの子達と
食事に行ったんですが,帰りは同じ方向の子がいなかったので私一人で自転車で
帰りました.
真っ暗で車も通らないのでいやな予感はしたんですが,,
新しくできた坂道に差し掛かったときのことです。
急に仏壇の前で鳴らすチーンチーンって言う音がなるやつありますよね??
あの音がして、やばいと思って一気にかけあがりました.
やっと上りきった!と思ってゆっくり目に自転車をこいでいたんです。
すると、耳もとで「おかえり。。。」と聞こえたんです.
怖くて必死で家に帰りました.

金縛りはよくあって幽霊も見ました.だけどこれが一番ビビリました.

第13話 ヴァンパイア アーカード
今晩は。
つい先ほどまでバスルームで髪を洗っていたのですがなんだか誰かに見られていたような・・・

ところでこれは吸血鬼関係のサイトでも書き込んだ事なのですが
私にはヴァンパイアの気がありまして・・・
肌が青白く太陽光が苦手で晴れの日は目線を下から上げられず
(でもどこかが痛くなつたり晴れの日は出かけられない と言う事は有りません)
1年に一度有るか無いかですが血の味が恋しくなったり
(この場合自分の唇の皮膚を少しむしり薄っすら 浮き出てくる血を舐めとります)
あと夜になると体の調子が良くなったり極めつけは夜目が人間の限度を超えて利きます。
(暗い部屋で 小説など普通に読めます)1つ付け足し満月の夜は空気で判ります。

これ等の症状と私に霊感が有る事は何か関係があったりして・・・
類は友お呼ぶ何て言うことわざもあるし・・・
あーーっ普通の世界で暮らしたい(などと言いつつこんな夜中に書き込みしてる俺って・・・)
今日の朝学校だ・・・まあ後5時間眠れればいいか。
第14話 あるテレビ番組で しほ
ちょっと前に夜のテレビ番組でカップルが出ていて、
その彼女が霊感が強いとのことで、いろいろ話をしていたんです。
そして彼女が言うには彼の肩の辺りに、男の顔が見えると言ってきたのです。
そしてカメラが彼を映した時、
彼の右肩辺りに人の指みたいなものが一本ひょこっと出てきたのです。
一瞬で、ひっこみましたが。。。
な、なんだったのでしょう???
第15話 おばあちゃん 華月
私が高校生の時、母方の祖母が亡くなりました。
葬式が終わり、二週間ほど過ぎたある日の夕方。
私は台所に繋がる部屋で、のんきに昼寝をしておりました。

夕方の昼寝は気怠く、そろそろ起きようかと思っていたとき、
台所で鈴の音が聞こえました。
最近母は、財布に鈴を付けていたのです。

「お母さん、帰ってきたんかいな・・?」

うっすらと目を開け、
台所の方を見ると紫色のジャンパーが見えます。
その洋服も母の物でした。
「やっぱりお母さんやん・・・」
時計を確認すると、五時過ぎ。
その時、急に睡魔が襲ってきて、私は再び眠りにつきました。

「いい加減起きなさい!!」

母の怒りの声で目が覚めました。
「もう、六時半過ぎてるよ?!」
「・・・。それやったら、さっき起こしてくれれば良かったのに・・・・」
と言うと母は、今帰ってきた、と言うのです。

私は首をかしげ、
「だって、五時頃お母さん、台所に居ったやん!!
鈴の音もしたし、紫色のジャンパーも見たよ!!」

「鈴も、この洋服もおばあちゃんの形見よ」

私は霊感もなく、幽霊を見たことは一度もありません。
でも、「あちらの世界」の事は信じております。
たぶんおばあちゃんが、いつまでも昼寝している私を起こしに来てくれたのかな・・・
と思っております。


第16話 録音されたモノ 狐狸
私が中学生だった時の話です。
私は放送部の部員で、
同じ部員の友人Tと昼休みの時間に流す音楽を選んだり流したりする係りでした。
その時は、Tが自分の持っている某アイドルの歌を流すと言っていたので、
私は一応その歌を聴いておこうと思いTの家に行きました。
Tの家でその歌のテープを聴いたのですが、
何故か「スー」とか「ザー」といった雑音しか聞こえてきませんでした。
原因は、Tが録音ボタンを押してしまったらしくその部屋の雑音が録音されてしまったということでした。

どうしようかと相談していると、踏切の音がテープから聞こえてきました。
Tの家は踏切のすぐ近くにあるので、別に何とも思いませんでした。
そのうちに「ガタンガタン」と電車の走ってくる音が聞こえてきました。
電車の音がかなり大きくなり、踏切までさしかかったんじゃないかと思ったとき
「グジュッ」
という妙な音がテープに入っていました。
結局、別のテープを流すことにしました。その時は、
テープの妙な音の正体は分かりませんでした。

それから4日ほどして知ったのですが、
私がTの家でテープを聴いた1〜2日前にその踏切で飛び込み自殺があったんだとか・・・。
でも警察とかいなかったと思います。
第17話 何なんでしょう? しほ
一人で部屋で恐怖体験掲示板を見ていたら、私の右横を白い影が、
サッッッッッと通ったんです。
その直後、右腕に何かを感じました。
説明しにくいんですが、冷たくなったっていうか、
誰かが触ったような感じがしたというか・・・。
第18話 のしかかるもの めいら 

私のピアノの先生から聞いた話です。 
その先生は、霊感が強いらしく見えることがあったそうです。 
高校生の時、寝ていると障子やら襖やらが、
すう〜っと動いてきて体の上にのっかかってきたのです。
びっくりしたそうですが、普通に全部もとに戻しておきました。が、それが何ヶ月も・・・。
他にも、廊下を誰かが歩く音とかが。
でもいつのまにか普通に楽しんでいたそう。 
親に相談したら、隣の家が原因らしく、
その家の先祖が、なぜかは忘れてしまいましたが自害し、庭に埋められたそうです。
そこで、3日間お経を上げてもらってから(調べようとしたらイロイロあったから)
庭を掘ってみると、3体のお侍さんの死を示すものが・・。(結構いい身分だったらしい)  
どこかに住んでいた子孫の人に来てもらって、供養したらなにも起こらなくなったそうです。  
その前に何ヶ月も幽霊の悪戯におもしろがっていた先生はどうなんでしょう。  
でも、その先生でも本気でビビッた体験があったらしいですが、
それを書くと先生がどんな家系の人なのかバレちゃうので。お終い

第19話 予知夢 しんちゃん
こんにちは。

いきなりなんですが、予知夢やこうなるんじゃないか?
というひらめきは、他人に話してしまうとそうならなくなる
ような気がするんですが・・・。僕の場合はたいしたひらめきは
ないですが、誰にも言わないでおくとそうなることが多いです。
(つまらんことが。)

なんかいきなりですいませんでした。
では。
第20話 予知夢2 管理人
日本の昔話にそういうのがあります。
吉夢を話すとそれがその人のものになってしまうと。
それで夢を売ってくれと言われても絶対売らなかったら、
とてもいい境遇になったと。
予知夢、特に吉夢を実現させたいなら秘めておく、という考え方はいいと思いますよ。
なにしろ結果的に当たらなかった場合に「話したせいかもしれない」と自責の念にかられることがないです。
たしかに話さない方がましだと言えますね。