×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

第3話 防空頭巾の少女 黒介  22才 男性 神奈川県
その日、私は部屋の模様替えに夢中でした。
机を壁際に変えベットを扉の方に向けたり。気が付くともう日付が変わっていたので、寝ることに。
眠りは直ぐに訪れ、姉の部屋の灯りがガラス扉から漏れるのも気になりません。

周囲は真っ暗で私は宙に浮いた感覚。
不思議に感じながらも、私は動けません。
少しすると凄まじい風景が広がりました。
一面が火の海。燃え上がる家、空から降り注ぐ火の玉、赤々と照らされた夜空。逃げ惑う人達。
その中に小さな女の子が走っているのが見えました。
防空頭巾を被ったモンペ姿の子供。母親がその子の手を引き逃げまとっている。

空から落とされる、火の玉にも似た物は人々の群れにも落ちてきます。
あの子供が転び泣き叫びました。母親は子供を抱きかかえましたが、背中に火が燃え移ました。
あっという間に二人は燃えました。まるで、新聞紙が燃えるように・・・。
反射的に目が覚め、安心した。夢なんだと知ったから。
良い気持ちはしませんでしたが、寝なおそうと寝返りを打ったその時、
足の先から冷水を浴びたように冷たい感覚が襲いました。
そして体中を蟲が這う様なむず痒さ。
直後に金縛り。
身体が動かない。
「ねえ、起きて」
 何処からか、声が聞こえ(寝返りで左半身が上になった状態)肩に重みを覚えました。
恐くなりぎゅっと目を閉じました。 
しかし部屋の風景がありありと見えます。
しかも何故か、部屋全体が見えるのです、姉の部屋の明かりや見えるはずの無い私の後ろ側が・・・。
「起きてよ」
グイッと強く肩を押されました。
押していたのは、夢の中で燃えたはずの女の子。
物音一つしない部屋の中防空頭巾を被った女の子が私に囁きます。
見たくなくても見えてしまう顔。
それは、頭巾を被った所為で影が出来たのか、頬から上は真っ暗でした。
確認できたのは子供らしくふっくらした頬、小さな鼻、プクリとした唇。
その唇が動きます。
「起きて」
私の肩にかけた両手を強く下に押します。
それは、起こすと云うよりは、ベットに沈める様な動き。
必死になって身体の一部を動かそうと、お腹に力を入れた瞬間、金縛りは解けました。
日付は、8月15日。日本の終戦の日でした。

後日、祖母に部屋のことで注意されました。
「北枕で寝てはいけません」
死者を寝かす時に北枕は使われます。

 あの部屋はいったい何だったのでしょうか。